2015年11月23日

釣れないモード

中期出張者にバス釣りを趣味とする人がいる事が分かり、エレキの操船もできるというので、いつものプライベートポンドで2艇出し。
ところが今日は最低気温39度F、北西の風8Mile/hというテキサスらしからぬ天気。
着いてみれば朝から風が吹いてます。


こんな時は岸際に魚は溜まってるだろうと岸に近い所でボートを停めようとアンカーを降ろしたが風が強くてアンカーが効きません。
そこで、風裏を探して、やはり岸際を狙います。

すると、Nori P 早速ゲット。
PB228708.JPG


寒くても釣れる事が分かり、ちょっと安心。

それにしても風強くてボートが安定しないし、とにかく寒い。
集中力を保つのが大変です。

結局僕はアタリなしでした。

午後、風も弱まって、少し広く探る事に。
そしたらJunJohnに来た。ヒットルアーは日本の草田君に録画してもらったDVDに収録されてた釣り番組で使われてたルアー、デラクー。
PB228712.JPG



因みにJunJohnは午前中もこのデラクーで2匹釣っていた。

あれ?岸際じゃなのか?

そう思い出したその時に今回釣りに行くきっかけとなったバス釣り経験者の尾崎さんの釣り方が目に入った。
PB229080.JPG

ぶんと投げて、ゴリゴリ巻く。
PB229084.JPG

とんでもない速さで巻いてるんです。
しかも、投げてるのはラトル入りのバイブレーション。そのラトル音は20-30m離れたボートでも聞こえるぐらい派手に鳴ってます。

そんな釣り方で釣れる訳ねーよ、とボソッと呟いたその時に尾崎さん、大きく合わせた!
一気に4連荘。
そんな釣り方でバスが釣れると思ってなかった僕にとってその釣り方は正に神業。

ちょっと真似てみようかな?と同じくバイブレーションを早巻き。

でも、自信がないので、2,3投もして反応がなければすぐワームに変えちゃうんです。
そしたらJunJohnが釣ります。それを見てこっちもまた変えます。

そんな事を繰り返してたら完全に風がやんで、あれ?Topでも釣れるか?とTopを投げてみる。
しかもTopは釣れなくても実績があるんで集中力が保てちゃうんですね。

でも釣れないんです。

そしてバイブレーションを投げる&釣れなくてワームを投げるを繰り返してる内にタイムアップ。
今はサマータイムを終わって、日が沈むの早いので3:30には終わりです。

結局、的を絞れないまままさかのボウズでした。
他の皆は少ないながらも釣れたので良かったです。


昼休憩中に待ちきれなくて桟橋から釣りするJunJohn。
PB229079.JPG



JunJohnがデラクーで釣ったでっかいギル。
PB228715.JPG


またすぐリベンジにこよっと。
posted by Usuken at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする