2017年03月24日

百聞は一見に如かず

先月職場のエレベータでHouston滞在中に何度か一緒に仕事をして、何度か一緒に飲みにも行った関係会社の後輩に出会いました。


久しぶり、今何してるの?

だれだれは元気?


みたいな他愛もない会話をして、また今度ゆっくり、と社交辞令で別れました。

その後、一緒にいた上司に、誰?と聞かれたんですが、


いやー、それが名前を思い出せないんですよ〜、状態。


何処で一緒だったか、何をしてるのか等は思い出せてるのに、名前が出てこない。。。



一方、去年の10月頃だったか、帰宅途中の電車で中学・高校と同じだった友人に偶然会いました。


電車で斜め向かいに座ってて、FBで友達なので、メッセンジャー使って、

今、電車乗ってる?

もしかして向かいに座ってる?


とやりあった後、お互い、


久しぶりやなー!って。。。


会うのは高校卒業以来なので30年振りです。


お互い顔も変わってるよね。

と思って、自分のここ10年の写真を集めてみた。


じゃーん。

 1989.JPG2008.JPG2009.JPG2011.JPG2012.JPG2016.JPG


 いやいや、10年って嘘やろ?とそう思いました?

はい、最初のは28年前です。1989年。

そこから2008年、2009年、2011年、2012年。2016年と続きます。

これらの写真、スマホや写真整理ソフトにある人物機能を使うと全部違う人物として認識されます。。。

それはそれでどないやねんと思いますが、それはさておき、





そこで思うんですが、

顔は変わるのに忘れない。

例え30年振りに人ごみの中で見つけても気づく。

名前は変わらないのに忘れる。

人間の脳って不思議。



ある人曰く、顔は視覚に訴えるから覚えてるんだと。。。

名前は聴覚に訴えるから忘れやすいんだと。。。



なるほど、百聞は一見にしかずか。

昔の人は良く言ったもんだ。

posted by Usuken at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする